2/25/2008

カーディナル700にローターブレーキ

カーディナル700Uと702はローターブレーキ(フリクションベール)機能が付いていません。
付いていないとキャスティングの時、ローターが勝手に回るからベールが回ってフェジャーリングしている指に邪魔になります。だからこの機能を付いてみました。
この内容は、←のリンクの「TAKE'S REEL ROOM」の竹中さんのHPの中、MITCHELLアボセットのチューニングが現れている「"C"で遊ぶ」ページが大変参考になりました。

先ず、分解。
このシリーズのリールはベール返しが普通の他のリールの逆、上のほうです。ヴィンテージミッチェル308か408もそうでしたが。
なので、下の方、赤い矢印部分にローターブレーキを設置します。

準備物はマジックテープ。
両方使うんじゃなくて繊維がフワフワする方だけを使います。もちろんこれを接着する接着剤が必要です。5分エポキシが一番です。
マジックテープ以外にもクッションがあって磨耗に強いものならOKです。太目のケブラのアシストラインも何本揃ったら良さそうです。

エッジの形に合わせてマジックテープをハサミでカットして接着するだけです。しかし、カットする時、生地がほつれないように注意する必要があります。
リールによってこのローターブレーキの太さは違います。ベールを開く時に出てくるピン(ベール返しにあたるピン)とこのマジックテープの表面との間隙が別々だからです。
ローターの下のワッシャを抜けた700Uは間隙が狭くなった分、確実にローターブレーキの効果がありましたが、702はピンとの間隙が結構離れていてマジックテープの接着するエポキシを盛り上がって太くしています。

ローターブレーキ完成。

0 件のコメント: