10/25/2008

フィッシングラインの科学(2):ナイロンライン

釣り糸の科学第1回は、↓

釣り糸(フィッシングライン)に対しての小考2
ナイロン(Nylon)ライン

 昔、高校時代の化学時間へちょっと戻って行きましょう。分子だ原子だ言いながら脂肪族化合物、芳香族化合物と言う名称がかすかにでも覚えていますか。
 もちろんベテラン釣り人ならその時も釣りに一生懸命だったはずなのでもう頭の中から消えた知識で、また今の口凌ぎにも関係のない限り元から必要じゃない知識だが、フィッシングラインの原料を説明するには少し取り出してみることにします。
 一応、ある大きな分子の塊(もちろん電子顕微鏡じゃない限り見えません)をポリマー(Polymer、高分子または重合体)と呼ぶが、分子達がランダムに連結されているんじゃなくて程よく一例に長く連結されているのを「繊維」と言います。
 自然界には天然的に一例になっている繊維達(木綿、麻、毛、絹など)があって人間の着物や生活用品として重要に使えています。
 20世紀になって人間は実験室で化学的に繊維を作り出しますが、これが「合成繊維」です。合成繊維が発明されなかったら現在のような素晴らしいフィッシングラインは存在しないんです。なので何十㎏の巨大魚を釣り上げる事は夢にしかできない事、釣りと言う趣味も今のように発展されなかったと思います。構成繊維の無かったら何処行っても大物がうようよ泳いでいる釣り天国、自然保護は確実だったでしょう。

*人類最初の完全な人工繊維のナイロン
 人工的に繊維、特にシルクを作ろうとする熱望は19世紀の末、鋸屑のような木材やパルプからセルローズ(Cellulose、繊維素)を取り出して再生繊維(レイヨン)とか半合成繊維(アセテート)のような「人絹」を開発します。続いて石油化学工業から供給できる原料を使って完全な人工繊維を発明してしまいます。

 フランス革命を避けてフランスからアメリカに移転したデュポン(Dupont)は火薬とダイナマイトの製造と販売でお金を稼ぎでいました。デュポンはもっと人間的な新しい科学分野の開発のため基金を準備して研究責任者に「ウォリス・キャロダス(W.Carothers)」を任命します。彼の研究陣は10年間の研究の後、1937年に人類最初の完全な合成繊維のポリアミド(Polyamide)系の繊維の発明を公表して「ナイロン(Nylon)」と名前を付きました。そして、1939年末にナイロンを使った靴下を最初に作りますが、第2次世界大戦が起こってしまって発明当時には人々にはアピールできなく、軍用としか使われませんでした。しかし、このナイロンの発明は戦争の終わった後、様々な合成繊維の発明の起爆剤になりました。
 日本は1951年から 韓国は1963年から本格的なナイロン原糸生産が始まります。
 このように実際「ナイロン」はアメリカのデュポン社の商品名だが、人間の生活史を変えるほどの画期的な発明品だったので、他の質の違うポリアミド系の合成繊維が次々と登場して色々名付けされているにもかかわらず、ポリアミドと言う名称の代わりに商品名の「ナイロン」が代名詞として使われています。

*繊維としてのナイロン
 ナイロンを化学的に表現すると炭化水素基(CH2)をアミド基(CONH)で結合させて一例に繋がった線状ポリアミドです。キャロダスが初めてナイロンを作った時は石炭から取り出したベンゼンなどの化学物質を使ってナイロンを製造しました。
 合成繊維の特徴は色々ありますが、その形をわがままにして作られる事もその一つです。断面が丸い一般的な形以外にも角形(異形断面糸)とか中が空いている形(中空糸)とかに加工できます。着物用の糸はもちろん釣り糸にもそんなのはあります。
ナイロンの顕微鏡写真(側面と断面)
異形断面糸(側面と断面)
中空糸(側面と断面)
 参考として、ナイロン分子の中に入っている炭素(C)原子の結合状態によってナイロン66、ナイロン6、ナイロン610、ナイロン12などなどに分かれます。今も続いて新しいナイロンは開発されているが、普通の生活に良く使われているのは「ナイロン66」と「ナイロン6」が殆どです。名前に見える番号は単位分子に中に入っている炭素の数です。
ナイロン66とナイロン6
 
 ナイロン6・6の化学式       ナイロン6化学式

*つり用ナイロンラインの登場
 第2次世界大戦の後、ナイロンが直ぐフィッシングラインに使えたかと言うとそうでもありません。1948年にイギリスから特許出願された「ポリエステル(Polyester)」繊維―現在も合成繊維の総生産量の半分に届く―の急速な発展がありました。デュポン社はその特許を借りて「ダクロン(Dacron)」と言う商品名でポリエステル繊維製品を製造販売します。その時、合糸に作られたこのダクロン糸がフィッシングラインとして人気でした。それからまた10年後の1958年、デュポンは「ストレン(Stren)」と言う会社を設立して本格的にナイロンモノフィラメントフィッシングラインを発売して釣り業界に大事な変化を起こります。ナイロンは初めての合成繊維だけど最初の合成繊維フィッシングラインにはなりませんでした。ナイロンモノフィラメントフィッシングラインが公式的に販売されたのはおよそ50年になります
ストレンのナイロンライ

*ナイロンラインの物性及び長所と短所
 ナイロンは主にストキング、水着、スキーウェアーなどのスポーツウェアー、エアーバッグ、または混紡用の短繊維に使えたり穂なの原料と混ぜてエンジニアリングプラスティックで便利に使えます。次に書いたナイロンの一般的な物性はナイロンが一番大衆化された釣り糸になった訳でもあります。
 1、天然繊維に比べて引っ張り強度と摩擦強度が高い事
 2、適当な伸縮性があり柔らかくて低温でも余り硬くならない
 3、反応性がよく色んな薬品による加工(染色など)が易い
 4、熱セット性があって糸の伸縮加工ができる事
 5、吸水性がある
 6、長い期間使用すると黄変し易い
 このように、ナイロンフィッシングラインは現代の他の素材のラインに比べて低価格ながら普通以上に強くて摩擦にも丈夫で消耗品としてのフィッシングラインに適合な特性を持っています。また真冬のマイナス気温でもその柔らかさを失う事が無いし、多様な色で染められる事と表面加工はもちろん伸縮性もある位は調節できるので釣りジャンルに合わせて製造も選択も出来ます。以外に断面が丸形じゃなくて角形とか中を空くとか特別な加工も出来ます。しかし、水を吸収して強度が落ちる事と長持ちできない事はフィッシングラインとしてはマイナス要所です。

*ポリアミド系の他のフィッシングライン
 ベンゼンのように特別な香りのある物質を「芳香族高分子」と言います。ナイロン(Polyamide)の分子内にこの芳香族高分子が鎖形に組み立てているのを「全芳香族ポリアミド系樹脂」と呼びますが、香りと言う意味のアロマ(Aroma)とアミド(Amide)を合わせて「アラミド(Aramid)樹脂」とも呼びます。アラミドは一部の成分の変わったナイロンだと見ても良いでしょう。
ケブラーの化学式

 アラミドには何種類があるが、分子内の鎖構造の陰ですべてが強靭で熱に強い特徴が見られます。種類によって耐熱性の良いのは耐熱材、防火服、パイロッドの操縦服、消防服に使えるし強度の良いのは色んな補強材料として使えます。アラミドの中、強度の良い「ポリパラペ二レンテレフタルアミド(poly-p-phenyleneterephthalamide)」をアメリカのデュポンから1974年に製品化して「ケブラー(Kevlar)」と言う名前を付けて販売しました。
ケブラーで作ったテニスラケットラインとつり用ハリス
 ケブラーは鋼鉄より5倍も強い引張強度で防弾ベスト、レイディアルタイヤ用タイヤコード、ヘルメットなどに使えます。例としてケブラー糸で編んだ手袋は包丁で切っても傷一つも付きません。
ケブラーで作った手袋

 こんな新素材を釣りに使わない訳はないでしょう。合糸のケブラーフィッシングラインは歯の鋭い石鯛などの釣りのハリス、ジギングのアシストラインに人気が高いです。ただ、ケブラーもナイロンいや、ポリアミドなので短所は残っています。苛性ソーダのような濃いアルカリに弱くて紫外線にも弱い。もちろんケブラーハリスをわざと苛性ソーダー液に漬ける事はないが、強い日差しには十分注意しましょう。強靭なケブラーハリスだからと過信も良くないんです。1日中日差しの強い磯で使ったら直ぐ交換すべし、保管は暗い所です。

10/18/2008

ABU Ambassadeur 1000

またABUアンバサダーのリールです。
今回は、ヴィンテージリールとは言えるギリギリの「1000」です。
丸いボディーじゃなく最初の角形ボディーアンバサダーで1982年誕生したベイトキャスティングリールです。
1983年度のカタログ(イギリス版)には新デザインの新しいアンバサダーとして紹介されています。「1000」はレッド、「1000C」はブラックに出ていますが、「1000」はレッド以外にシルバーもありました。何故出ていないかは分かりません。イギリスでは売らなかったかも・・・。

表面に細かい傷はありますが、中身のギヤなど部品は完全な状態です。


パワーハンドル、4枝ドラグなどオリジナルそのままです。
その時期、シマノには「Bantam(1978年初登場)」と言う優れものが出ていました。その形が丸形じゃなくて角形でした。またダイワからはマグネティックブレーキシステムの付いている「マグサーボー(1982年初登場)」が出て大人気でした。
その所為か、マーケットシェアーに不安の感じたABUが日本のリールを真似し始めた時期が1982~1983年だと見ても言い過ぎじゃないでしょう。
その時期までリールと言えばヨーロッパ製品でしたね。
スピニングリールはABU Cardinal(スウェデン)とMitchell(フランス)、ベイトリールはABUアンバサダーでした。日本のメーカーはこれらヨーロッパメーカーのコピ品から何時の間にかもっと優秀な技術力を見せ、アメリカンマーケットを中心にして逆転が始まったんです。
ともかく、このリールのフットナンバーは「820400」、
1982年4月生まれです。

10/16/2008

今年最後のヤマメ釣り

腰が良く起動するかどうか確認のため渓流釣りに行ってきました。
実は産卵期の前の荒食いに行くつもりでしたが、予想が外れてしまってヤマメ達はもう産卵に入っていました。一部は産卵が終わっていました。なので渋かったです。


でも何匹か遅いやつが釣れました。子供ヤマメは活性が高くてよくチェイスしてくれるが・・・。

途中、大きな雄ヤマメが飛び出して釣れました。30cmオーバーでした。
これで一応満足でした。
この日の当たりルアーはBASSDAYのシュガーミノー「ドリフトトゥイッチャー50」。何故か余り動かないこのルアーに反応が集中しました。初めての事です。
広い淵に遊び心でスプーンを投げてみると、
スプーンの長さの2倍位か小さなヤマメが確実にフックを食ってきました。
本当に食欲旺盛のヤマメちゃんでした。
このヤマメは大物になりそうです。再来年、命の終わる前(ヤマメは3年で死にます)に再び会えたら何よりです。またね~。
この渓流の上流には工事場があるが大きなトラックが道を上がった後、酷い濁りが流れ始めました。 釣り止めるか思いながら最後にコッパー色のミノーを投げてみたら・・・
今回は大きな雌ヤマメでした。
この秋、雨が少なくて水量が足りない状態です。だからか水量の多い淵や瀬にはウグイが一杯でした。ルアーへの反応も凄い!
ミノーの前後フックに1匹ずつ同時に2匹が釣れる位でした。
まあ~まあ~のサイズ、大物は見えませんでした。

10/13/2008

EXOR HORUS Hモデル

今回完成したオリジナルロッド、EXOR 「HORUSーH」
7.6ft.、1&Hです。
24gのルアーまではフールキャストできるロッドです。しかし空気抵抗や水流抵抗のの掛かる大きなルアーはNG。むしろ10g以下の軽いミノーとの相性が良いです。
45tの超高弾性ブランクを使っていてこれ以上のピンピンのロッドは無いじゃないかも思います。
同じく45t超高弾性ブランクの「BLOODY TAIL」よりはパワーを落としたモデルながら中弾性ブランクの使った「HORUS」のロング+超高弾性バージョンだと見れば良いでしょう。

EXOR HORUS⇒

相変わらず、完全シルクラッピングにシュプリムコルクを使いました。

これで何を釣るか~。
(^^)b

10/07/2008

フィッシングラインの科学(1):ラインの変遷

私の専門は二つ、当たり前に「釣り」、そしてテキスタイルサイエンス、即ち、着物や繊維などの事です。
なので、釣りとこの繊維科学が会う所が「釣り糸」ですね。
釣り雑誌にフィッシングラインに対して結構詳しく掲載した事がありました。その内容です。全部で6回。釣り糸の歴史から現在使っているライン達の成分分析までです。フィッシングラインに対して疑問のある方はこの原稿が役立つかも・・・。面白くない内容ですが・・・。


釣り糸(フィッシングライン)に対しての小考1
:フィッシングラインの変遷

 釣り人は釣り糸で魚と話しまた戦っている。魚と釣り人とを繋がっている唯一の道は釣り糸だ。つり竿は使わないかも知らないが釣り糸が存在しないと「釣り」ができない。
細い「糸」に過ぎない釣り具だからか他の釣り具に比べてその存在価値を低く見る事もあるはずが、釣りに必修的な存在が釣り糸なのだ。
限りなく細い、柔らかい、時には鋼鉄よりも強い力を見せ、巨大な怪魚を上げる。ここには長久の時間の経験と科学技術が解けている。釣り糸は現代科学の寵児に違いないのだ。

釣り糸の登場
 先史時代、人間が動物と違って人間らしくなった時、釣りをしたと言う事は皆に知られている。その証として動物の骨や角を使って作った釣り針が残っている。その骨角器を使い始めた時にも釣り糸が存在したはずだ。当時には確かに獣の毛とか革や靭帯、または植物の繊維質を使った。
実は、我々人間は先史時代と同じ素材の釣り糸を少し前まで使っていた。人工的に作った化学繊維が実生活に広く使えるようになったのは第2次世界大戦の終わった後からなのでやっと60年位になった。ライト兄弟が動力飛行機を作ったのが1903年でもう100年も過ぎた事だが、余りにも有り触れてつまらないと思っている人工繊維はこれより何十年も以後に遅く発明された「最新発明品」なのだ
釣り糸は釣り人の個人的に材料(髪、馬尾毛など)を取って作って使ったが、商品化されたのは1850年頃で見ている。その時のヨーロッパの紡織工場で糸の生産と一緒に釣り糸も作られたと思う。主な素材は麻(リネン)や絹(シルク)だった。東洋、特に漁業の発達している日本でも釣り糸の生産があったと思われるが、麻で作られた「渋糸」と絹で作られた「天蚕糸」に対しての記録がある。
 
絹(シルク)の原料の繭    繭から作った生糸

合成繊維の発明
 先ず、なぜ人間が合成繊維を発明したかを考えてみよう。その主な訳は、確かに「シルク」にあると言っても言い過ぎじゃない。被服材料用の天然繊維の種類は綿(Cotton)、麻(Linen)、毛(Wool)、絹(Silk)があるが、オリエンタル文明が2000年以上の期間も秘密を守りながら独占した事業、西洋文明が持たなかった技術、それは「養蚕」、シルクを作る事だった。東洋と西洋の最大貿易品物は絹製品でその貿易路が「シルクロード」と呼ばれているんじゃないか。西洋世界でシルクの価値を推して考えられる。
綿や麻、毛は短い原料繊維を沢山合わせてまた撚って長い糸を作る。糸車を回す事を考えてみよう。これに対して絹は元より蚕が吐き出す「単糸(モノフィラメント:Monofilament)」、即ち、一筋の非常に長い繊維だ。もちろん実用的な糸や着物用の生地を作るためには沢山合わせて撚らないと糸にならないが、ともかく、そのシルクのモノフィラメント構造の影でシルクには他の繊維では見られない艶と質感を持って特別な大人気の繊維だった。また非常に高価の名品で奢侈品だったのだ。それ故に西洋世界ではシルクが越えなければならない一つの目標になって人工的に作ってみようとする努力があって、それが人工繊維を発展させるきっかけになった。
人間は19世紀末、幾つかの化学繊維を発明し始めて結局1930年代末に最初の完全な合成繊維の「ナイロン」を発明した。これによって人間の被服はもちろん社会全般の姿がその以前とは全然変わった。
合成繊維を使った釣り糸の使用もこの時期を出発点にする。
シルク繊維の電子顕微鏡写真
三角断面にセリシン①とフィブロイン②の構造が見られる
染めたシルクの顕微鏡写真。三角断面のモノフィラメントだ。

現代釣り糸の素材種類
 現代の釣り糸は99%合成繊維で作る。残り1%は無機質の金属で作るワイヤと好みで使うフライフィッシング用のシルクライン位と言うか。
合繊繊維の登場以後、釣り糸の原料はナイロンが主になるが20世紀末にはナイロンの欠点を凌ぐ独特な原料の釣り糸は現れた。合成繊維で作った釣り糸の種類は次の「表」を参考すべし。

一般名    成分名       構造    使用例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ナイロン   ポリアミド       単糸   道糸・ハリス
      (Polyamide)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フロロ  ポリビニリデンフロライド   単糸   道糸・ハリス
カーボン (Polyvinylidenfluoride)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PE    超高分子量       合撚糸     
道糸
     ポリエチレン   (Braided multifilament)
     (UHMWPE)       接合糸
              (Fused multifilament)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダクロン  ポリエステル      合撚糸     道糸
      
(Polyester)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ケブラー  アラミド        合撚糸     ハリス
      
(Aramid)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フライ  ポリビニールクロライド    -     フライライン
ライン   
(PVC)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ワイヤ   金属         単糸    道糸・ハリス
                合撚糸

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フロロ  表:ポリアミド     二中構造単糸   
道糸
ナイロン コア:ポリビニリデン  (Cofilament)
       フロライド
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以外  色んな新素材の混紡   合撚糸     ハリス


現代釣り糸の構造別分類:単糸と合糸
*単糸(モノフィラメント)
 普通のナイロンラインのような釣り糸だ。モノフィラメントで「モノ」は「一つ」とか「単」の意味、「フィラメント」は「連続する繊維」の意味だ。だからモノフィラメントは「一筋の限りなく続く糸」の意味を持っている。
釣具屋で普通に見られるナイロンラインやフロロカーボンラインは全てモノフィラメントだ。

*合糸(マルティフィラメント)
 名前の通り沢山の筋を合わせた釣り糸で、細いモノフィラメントを沢山集めて作っているからマルティフィラメントとも呼ぶ。以前、結構使ったダクロン(Dacron)ラインとか最新のPEラインがこの合糸構造だ。しかし、この合糸には二つの種類がある。
①合撚糸(ブレイディッドライン、Braided Line):沢山の細い単糸を撚って作る合糸
②接合糸(ヒューズドライン、Fused Line):沢山の細い単糸を並んで接着して作る合糸

単糸と合糸の構造

しかし、接合糸は殆ど無くなって今は合撚糸が合糸を代表している。なので、フィッシングラインとして合糸と言うと合撚糸(ブレイデッドライン)だと言っても良い。
細い糸を合わせると太い糸一つより遥かに強い力を発揮するなど物理的に性能が変わる。
合撚糸の中で4本の糸を合わせていると4合糸、8本を合わせていると8合糸と呼んでいる。しかし、詳しく見てみるとその細い一つ一つの糸達ももっと細い糸を沢山合わせて作った事が分かる。

ボビンに巻いているPE原糸

単糸を合わせて合糸を作る合撚機