11/28/2010

今年のガーラは空空・・・涙の沖縄編

ちょうど1年ぶりに、それのムリヤリ沖縄行きになったのです。
到着日はAPO!こと高木さんの案内でちょっと釣り・・・南へ行きましたが、本当にちょっと釣りになっちゃいました。午前中降ったそうの大雨は上がらず・・・。
何とか釣ったマングローブジャックの1匹。
次の日は、パヤオ行きがキャンセルの為、奥武島(オウジマ)へ。インリーフゲームを楽しむ事になりました。天気も良くなっていて期待をしましたが・・・。
初めては水も綺麗だし、私のルアーに反応が結構良かったです。常連のエゾとアバサ(ハリセンボン)が良く現れましたがフックに乗らず・・・、が、何時の間にか海に濁りが一杯でした。
隣では釣ってました。
うらやましいタマン(ハマフエフキ)が続いてました。ルアーは全て赤金か黒金カラー、やっぱり濁っている時はゴールドでしょう。
しかし、私のタックルボックスにはシルバー系しかなかったです。何とか黄色の1個で、
イシミーバイ(カンモンハタ)をゲット。ああ、情けない・・・。貧果もそんな貧果はなさそうな・・・。
3時頃に早く上がって去年、ミノカサゴの釣ったテトラ付近でバラクーダ-を1匹追加。
お世話になった「FISHBOWL」の新垣船長。10代だけどちゃんとしたお父さん。来年は1日間タマン狙いを決心する私でした。

三日目、GTの乗合の日。
天気も良くて満月の大潮! それにこの季節珍しくべた凪!
期待は多かったですが・・・。慶良間を捨てて、渡名喜まで走ったのです。
余りにも反応がないので渡名喜を後にして高木さんの写真を撮ろうとする瞬間、バイト&フッキング!
しかし、上がったのは結構のサイズのカスミアジ。
出砂島(入砂島)です。アメリカ軍の爆撃場でもあるが、日曜日は休み(?)なのでここに来たんです。
もう反応ないので、久米島まで走る事になりました。え?!船長~~~本当かよ。
本当でした。久米島のハテノハマのリーフ前でルアーを投げました。しかし、沈黙でした。
今回一緒だった高木さんと友達のお二人さん。同級生だそうです。
羨ましいじゃないですか。私の同級生の中には一緒に沖縄へ釣りに行くと言う人間がいないよ。
釣り人がいないね。
今回のYOSEMIYA5号はツグミさんの代わりに林船長がお疲れ様でした。
沖縄は何時もと同じ沖縄ですが、
何故か今年は「私が変わっているんじゃない」と言う感じでした。年食っているんじゃないの??!!

買ってきたのはこれ。豆腐ようとスクガラス。

変と言うか特別なルアーもゲット!
新しい「Littlejack」と言うメーカーが出したルアーですけど、発想もデザインも少し違う味のあるルアーでした。背中にはモデル名が何か宇宙語みたいな感じで書かれている事も新鮮。
感覚的なルアーと思いました。まだこれで何も釣ってないのであーだごーだ話は出来ません。
ああ、今年は結局「Noアジ」で終わった。メッキもいなかった。非常に残念・・・と言うか悲しいです。
沖縄よ!来年また!