2/21/2009

ABU Ambassadeur 5000D

この間、スピニングばかりだったので久しぶりにベイトリールの話です。
今回はABU「アンバサダー5000D」です。ご存知の通り、ダイレクトギヤーのアンバサダーで結構人気のあるモデルです。
ダイレクトモデルでももちろんクラッチはあるからキャスティングは普通と同じです。クラッチバーを押しってスプールフリーにして投げます。
他のモデルと「D」モデルの違う所は、ハンドルとスプールが直接繋がってハンドルが逆転できる機能を持っている事です。
そして、ドラグがなくて代わりにダイヤルが付いています。このダイヤルは逆転の時、抵抗の強弱の調節用です。
大物が掛かった時、普通のリールはドラグの陰で自動でスプールが逆転できるが、この「D」モデルはハンドルから手を離すとハンドルと供にスプールが逆転します。

外形を見てみます。


山形プレート、ボール型の丸いレベルワインダー、ツインパドルハンドル、ラージアーバースプール、クリッカー、インディケーター式の遠心ブレーキキャップ、チェッカーフット裏、など5000Dの「00」バージョンの特徴そのままです。しかし、インディケーター用のワイヤーが何処かへ・・・。
フットナンバーは「740400」。
1974年4月生産された初期バージョンです。
「5000D」は1973年から生産されました。1975年のモデルまで「00」バージョンがあります。
同じ1975年の生産品で「01」バージョンはフラットレベルワインダー、笠つきの遠心ブレーキキャップに変更されています。
その後の「02」、「03」バージョンには細かいマイナーチェンジがあるそうです。
1977年から1979年まで生産された「04」バージョンは、クリッカーがなくなってまたABUロゴをスティッカーに変更しています。

<2009年2月22日追記>
ネットから非常に珍しいと言われている5000Dの「ゴールドカラーモデル」を見つけたので写真を見せます。珍しいけどニセモノも結構多いと言われています。
フットナンバーは「741100」しかないらしいです。

0 件のコメント: