5/04/2009

ソガリ(高麗ゲツギョ)釣り、第2回戦

4月28日余り遠くない所までソガリを求めて行ってきました。
同行は、態々玄界灘を渡ってきた西日本新聞社の藤井さんと大使館で働いている菊池さん。
普通、春のポイントは町の中の瀬になるが、去年の秋から雨が少なくて川の水量が不足、瀬が出来ていない状態でした。
なので、結構下流へ移動・・・。岩場と瀬を狙ってみました。
皆さん一生懸命投げますが、答えがなさそうです。

私は岩場は諦めていち早く下流へ下流へ・・・「ソガリ」は確実に瀬に入っていると思いました。一番良さそうな場所は午後に皆で狙う事にして、もっと下流の流れの強い所まで移動しました。瀬の中にルアーを投げてみると、出て来るのは皆「ハス」でした。

15匹位釣ったかな?
1匹以外は婚姻色のオスのハス、結構引きました。


午後になると、やはり一番良いポイントの瀬には平日にもかかわらず、人々が並んで釣りをしていました。午前からずっとここのポイントで投げた何人かはソガリを釣ったらしいです。
昨日の雨の所為か、水温が少し低くてまだソガリの活性が上がらないまま・・・。
今から少しでも水温は上がるはずなので夕マズメが最高の時間だと思ったいたが、瀬の真ん中で腰までウェーディングしていた藤井さんが少し移動中、転んでしまいました。
前身水没・・・まだ冷たい水温で・・・もう釣り終わり・・・。
ウェーダー着用して瀬の中で転んでしまうのは恐ろしい経験です。
流れが緩やかな所だったからホッとしました。大事な事故になるかも知りませんでした。
結局、ソガリはまたボウズ・・・

このエリアはソガリ禁漁が20日から始まります。その前に一度再び行ってみたいです。・・・行けるかな・・・?

0 件のコメント: