8/25/2009

釣り番組の撮影です~。

ダイワ精工の韓国支社である「(株)韓国ダイワ」が製作放送している釣り番組があります。「グレートフィッシング」というプログラムです。
その撮影に参加する事になりました。
通訳に、両国の釣り事情に詳しい人として私が必要というリクエストでした。もちろん私はOKでした。
私個人的には、日韓お互いに、バイアスの入る可能性もある釣り関連の情報や他に文化的なコンテンツをその場で調節できると言う期待感もありました。

日程は10~15日の6日間の長い・・・
主な目的は、マダラジギング+スルメイカ釣り+マダイのカゴ釣り+マダイのカブラ(タイラバー)釣りでしたが、
中国に上陸して消えたはずの台風「モラコット」の影響が海には残っていて結局目的地の一つである「ウルルン島」には渡れませんでした。

今回のゲストは、ダイワのフィールドモニターの中で一番若い「佐々木修」さん。
岩手県出身の彼は、船釣りとロックフィッシュが専門。

朝から降り始めた雨の中でマダラのジギング・・・言わば、ベイジギング即ちライトジギングでトライである。
1投目でマダラの釣った佐々木さん。
ちなみに佐々木さんのブログ↓
ダイワの新型ベイトリールのリョウガ、直接使ってみると素晴らしい。リョウガヨカ
マダラのジギングと言うと、道糸PE4号に300g以上の重いジグで水深100m以上の深海を狙う事ですが、道糸PE0.8号に130gのジグは新鮮な襲撃でした。
小型ベイトリールにライトジギングロッド。深海でライトジギングは気にした事もなかったからもちろん体験も初めて、しかし、マダラジギングにはこれが名答でした。
夏場のマダラはサイズが良くないのだ。
余り引かないマダラを面白く釣る方法はさすがにライトジギングでした。
ヘビータックルで釣るマダラは余りにも面白くないから今まで興味がなかった私としてライトジギングで釣るマダラは意外に興味津々です。
また一つ、その間使わなかったインチクの魅力も結構上がりました。

ウルルン島を諦めた次の日からは、ロックフィッシング+ヤエン+船釣り・・・何でも、五目釣りなってしまいました。


クロソイ、ムラソイ、ヒラメ、カジカなどなどが釣れた。

ヤエンも少し・・・

船釣りではキツネメバルが・・・
詳しい内容は、Fテレビと言うこちらの釣りチャンネルで見られるが、私の家には入ってない、番組が見えないんです。
トホホ・・・
右から、韓国ダイワの阿部社長、佐々木さん、そして私。

2 件のコメント:

さくら さんのコメント...

お疲れさまでした。

マダラやキツネメバルが釣れるんですね。
日本海で狙うジギング船がありますが・・・なかなか行くチャンスがないです。

美味しい魚と聞いてます。

gt-hunter さんのコメント...

サクラさん、いらっしゃいませ。
余り引かないマダラですが、ライトジギングでは楽しめる事が分かりました。
マダラのライトジギングに再び行くつもりです。